昨日は佐賀ギター音楽院まで足を伸ばして参りました。 この音楽院は九州ギター音楽協会の会長を経て、現在佐賀を中心に活動されている重鎮「関谷静司」先生が主催する九州ギター音楽協会公認の教室です。 一度足を踏み入れたなら一日中入り浸ってしまうような、素敵な教室です。...

熊本のギター教室 みよしクラシックギター教室の『ブログ』を 気まぐれに更新してまいります。 猛暑の中、本日は割と涼しいような気がいたします。 ギターを演奏する上で必要な道具がいくつかあります。 足台(ギターレスト、ギターサポート、エルゴプレイ等)や譜面台、楽譜はもちろんの事もっとも 重要な道具として『爪』があげられると思います。...

第2回高瀬蔵ギターコンサート
高瀬蔵ギターコンサートにて演奏いたします。 ロマン派の作品を中心に名工といわれるギターを使用してお届けいたします。 約1時間のプログラムとなります。 皆様のご来場を心よりお待ちいたしております。



火曜日、水曜日は福岡にあるフォレストヒルミュージックアカデミーでギター科のレッスンを担当しています。 昨日、一昨年は平日にもかかわらず沢山の生徒さんにお越しいただきました。 ご近所から遠方まで、遠方からは大阪からもお越し頂いてます。...
先日投稿した『つけ爪のいろいろ』の後日の事、以前生徒に譲ってもらったことのあるロッコーマン株式会社のFirstSound Guitar Nailsを使用してみました。 ギターネイルチップが大小合計4枚と両面テープが1シート入って2.200円と普段使っているものより随分と高価なものだったので「ここぞ!」の時のためにに大事にとっておいたのです。...

現在クラシックギターを演奏する際には足台(フットスツール)を用いて演奏する事が主流となっています。 足台を使用することで左腕は大きく可動範囲が広がり、演奏しやすくなりますし、猫背にならずに身体をまっすぐにかまえることができます。※おそらく初めてギターを習う大半の方は足台の方を勧められると思います。...

つけ爪のイメージ
ギターのように指で演奏する弦楽器は時折『つまびく』と言いった言葉で表現されることがあります。 『ギターを爪弾く(つまびく)』というように近年ではとくにクラシックギター演奏において、爪を用いて演奏するスタイルが主流となっているように感じます。...

さらに表示する